top of page

ChatGPTとの会話術を格段にアップさせる!プロンプトエンジニアリングのコツ




みなさん、AIや機械学習って聞くと、どんなイメージを持ちますか?


最近では、ちょっとした質問から大規模なデータ分析まで、AIが私たちの手助けをしてくれるシーンが増えてきましたよね。

特に、テキストを生成するChatGPTは、日々のコミュニケーションやブログ記事の作成、あれこれ調べものをする時など、もう手放せない存在になってきているかもしれません。


でも、ChatGPTって賢いけど、正直なところ、私たちの言うことをピンポイントで理解してくれるわけではないんですよね。



ここで大事になってくるのが、プロンプトエンジニアリングのスキルです。



ChatGPTに「こうしてほしい!」とか「こんな感じで答えて!」といった指示を出す方法をどれだけ上手に伝えられるか、ってことになります。


これらのコツを押さえておくだけで、ChatGPTとのやりとりがグンと楽に、そして楽しくなるはずです。









目次

 









具体的な指示をしよう

 

ChatGPTとのやり取りで、もっともっと成果を上げたいなら、具体的な指示をすることが鍵です。


なんとなく「こんな感じでお願い!」って伝えるのではなく、「こういう風に、ここのところをこんな感じで修正してね!」と具体的に伝えることが、大事なんです。




具体的な指示って、なぜ大事?


ChatGPTは賢いけど、読心術はできません。

だから、「文章を良くして!」と伝えたら、ChatGPTはそれなりの働きをする事はできますが、意図に沿った回答を出力することはできません。


「この段落の主張をもっと強くして、読者が納得するように書き換えてね」と具体的に伝えると、ChatGPTも「なるほど、こういうことね!」とピンと来て、期待通りの結果を出してくれるんです。





具体的な指示をするコツ


  1. 明確な目標を持つ: 最初に、「ChatGPTに何をしてほしいのか」をはっきりさせましょう。

  2. 詳細を伝える: 「誤字脱字の修正」「情報の追加」「言い回しの変更」など、具体的なアクションを指示しましょう。

  3. 例を挙げる: 可能なら、良い例や参考にしたい内容を示して、どんな結果を期待しているかを明確にしましょう。

「ChatGPTに何を期待しているか」をクリアに伝えることが、大事になります。

これを心がけるだけで、ChatGPTとのやり取りがグッとスムーズになりますよ。









考える順番を明確にしよう

 

次に、プロンプトエンジニアリングで大切なのが、「考える順番を明確にする」ことです。


これは、ChatGPTにタスクをこなしてもらうとき、ただ単に「何をすべきか」だけでなく、「どの順番で進めるべきか」をはっきりさせるが出来ます。


タスクの優先順位を明確にすることで、生成結果がグッと良くなります。







タスクの順序を決めるコツ


  • 全体像を把握する: まずは、タスクの全体像をしっかりと理解しましょう。

  • ステップを分ける: タスクをいくつかのステップに分けて、それぞれに優先順位をつけます。



このように、タスクを明確なステップに分けて、それぞれのステップに対して具体的な指示を出すことで、効率的で質の高い成果を得ることができます。









まとめ

 

プロンプトエンジニアリングは、ChatGPTを活用する上で、非常に重要なスキルです。

今回紹介したの2つのコツを押さえることで、より精度の高い出力を得ることができます。



この2つのコツは、ChatGPTだけでなく、将来登場するかもしれない他のAI技術(大規模言語モデル)にも応用可能です。


ChatGPTとのコミュニケーションをもっとスムーズに、そして有意義にするために、ぜひ今回紹介したコツを日々のAI利用に取り入れてみてください。


プロンプトエンジニアリングの世界は奥が深く、この分野での研究や実践はまだまだ進行中です。

しかし、基本となる原則を理解し、実践することで、ChatGPTのポテンシャルを最大限に引き出し、私たちの仕事や生活を豊かにすることができるでしょう。




0件のコメント

コメント


bottom of page